/

萩野、男子200個人メドレー優勝 日本短水路

25メートルプールで争う競泳の日本短水路選手権最終日は27日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が1分52秒89で優勝した。26日の400メートル個人メドレーで1位となった瀬戸大也(ANA)は左膝痛のため、棄権した。

男子200メートル個人メドレー決勝 1分52秒89で優勝した萩野公介の自由形(27日、東京辰巳国際水泳場)=共同

女子平泳ぎの青木玲緒樹(ミズノ)は50メートルの予選で30秒06の短水路日本新記録をマークし、決勝で29秒97に更新した。200メートルも1位となり、26日の100メートルと合わせて3種目制覇。女子200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が2分5秒84で優勝した。

男子平泳ぎの小関也朱篤(ミキハウス)は50メートルを短水路日本記録に並ぶ26秒02で、200メートルを2分1秒78で制し、前日の100メートルを含めた平泳ぎ3冠を達成した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン