/

新関脇に玉鷲・正代、貴景勝ら新入幕 大相撲初場所番付発表

日本相撲協会は26日、大相撲初場所(来年1月8日初日・両国国技館)の新番付を発表し、32歳の玉鷲と25歳の正代が新関脇に昇進した。

玉鷲は初土俵から所要77場所で史上5番目の遅さ。モンゴル出身で9人目の関脇となった。東農大出身で元学生横綱の正代は初土俵から所要17場所で、年6場所制となった1958年以降初土俵で栃東(のち大関)、琴欧州(当時)に並び2位の速さ(幕下付け出しを除く)。

20歳の佐藤改め貴景勝は貴乃花部屋から貴ノ岩以来2人目の新入幕を果たした。鹿児島県出身で25歳の千代皇も新入幕。

3横綱は先場所3度目の優勝をした鶴竜が東の正位に就いた。日馬富士が西、白鵬は2場所続けて東の2番目。大関陣は先場所12勝の稀勢の里が東の正位で、綱とりが振り出しに戻った豪栄道は西に回った。照ノ富士が東、7度目のかど番となった琴奨菊は西の順。

小結は先場所関脇の高安と、3場所ぶりに三役復帰の栃ノ心。大砂嵐が3場所ぶりに幕内へ返り咲いた。新十両は、阪神大震災当日の95年1月17日に兵庫県で生まれた照強の他、力真、坂元改め大奄美で、再十両は若乃島と希善龍だった。

朝赤龍の幕下転落により、高砂部屋は明治時代初期の1878年以降で初の関取不在となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン