/

フェンシング、五輪代表候補を選出 エペ見延・佐藤ら21人

日本フェンシング協会は25日、東京五輪の日本代表を発表し、男子エペで元世界ランキング1位の見延和靖(ネクサス)や、女子エペで2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪代表の佐藤希望(大垣共立銀行)ら団体の補欠を含めて21人を選んだ。日本協会によると、史上最多の編成となる。

女子フルーレでは東莉央(明治安田生命)、東晟良(日体大)の姉妹が、男子フルーレは3月のグランプリ(GP)大会で準優勝した敷根崇裕(ネクサス)らが選ばれた。今後、国際連盟などの承認を経て正式に決まる。日本勢は個人は全6種目に出場、団体も日本に与えられた開催国枠を活用し、女子エペを除く5種目に出る。

オンラインで記者会見した08年北京、ロンドン両五輪銀メダリストの太田雄貴会長は「五輪本番でどれだけ強い気持ちで挑むかの一点。人生を懸けるつもりで臨んでほしい」と述べた。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン