/

明生が決定戦制し十両優勝 7月場所、三段目は深井がV

大相撲7月場所千秋楽の2日、十両は10勝5敗で並んだ6人による優勝決定戦を明生(鹿児島県出身)が制した。初戦を勝った3人によるともえ戦で同じ立浪部屋の豊昇龍(モンゴル出身)、天空海(茨城県)を連破した。来場所の再入幕は確実。十両で6人の決定戦は1972年秋場所以来、48年ぶりだった。

十両の優勝決定戦、明生が突き落としで天空海を破る(2日、両国国技館)=共同

三段目は東洋大出身の深井(石川県出身、高砂部屋)が元横綱大鵬の孫で元関脇貴闘力の四男、夢道鵬(東京都出身、大嶽部屋)との7戦全勝同士の決定戦を制した。

幕下は元幕内の千代の国(三重県出身、九重部屋)、序二段は竹岡(東京都出身、尾車部屋)、序ノ口はモンゴル生まれで鳥取城北高出身の北青鵬(北海道出身、宮城野部屋)がともに7戦全勝で13日目に優勝を決めている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン