/

日本7失点喫し初黒星 日米野球、2勝1敗に

日本―MLB 5回MLB1死二、三塁、モリーナに3ランを浴びた多和田。捕手森(11日、東京ドーム)=共同

日米野球は11日、東京ドームで第3戦が行われ、日本代表は米大リーグ(MLB)オールスターチームに3-7で初黒星を喫し、対戦成績は2勝1敗となった。

日本代表は1-1の五回に多和田(西武)がモリーナ(カージナルス)に3ランを浴びるなど4点を勝ち越され、七回には成田(ロッテ)が2死から3長短打を許し2点を失った。打線は九回に山川(西武)の適時二塁打などで2点を奪って追い上げたが反撃が遅かった。

12日は試合がなく、13日にマツダスタジアムに舞台を移して行われる第4戦の先発は、日本代表が大瀬良(広島)、MLBオールスターは2015年まで広島に在籍した前田(ドジャース)と発表された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン