その他スポーツ

小林潤が10位、葛西22位 W杯ジャンプ個人最終戦

2018/3/25 19:52
保存
共有
印刷
その他

10位となった小林潤志郎の飛躍(25日、プラニツァ)=AP

10位となった小林潤志郎の飛躍(25日、プラニツァ)=AP

【プラニツァ(スロベニア)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は25日、スロベニアのプラニツァでフライングヒルによる個人最終第22戦(ヒルサイズ=HS240メートル)が行われ、小林潤志郎(雪印メグミルク)が236.5メートル、223.5メートルの合計423.2点で10位に入った。

小林陵侑(土屋ホーム)が15位、45歳の葛西紀明(土屋ホーム)は22位、竹内択(北野建設)は29位だった。平昌冬季五輪ラージヒル金メダルで、既に総合優勝を決めていたカミル・ストッフ(ポーランド)が245メートル、234.5メートルの455.6点で今季9勝目となる通算31勝目を挙げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 日本陸連の年間表彰式「アスレティックス・アワード」が16日、東京都内で開かれ、今秋の世界選手権の男子50キロ競歩で金メダルを獲得した鈴木雄介(富士通)が最優秀選手に輝いた。鈴木は「ずっと狙ってきた賞 …続き (19:48)

張本智和はグランドファイナルで世界1位を追い詰めた=共同

 日本の新たなお家芸ともいえる卓球とバドミントンは15日、今季のツアーを締めくくるファイナルが終了した。それぞれ来年の東京五輪での金メダル獲得へ、収穫と課題が相半ばした。

■卓球 張本と伊藤、中国トップ …続き (19:27)

 日本陸連は16日、東京都内で理事会を開き、東京五輪の100メートル、200メートル代表選考基準について「個人種目は原則として1種目のみとする」とする選考要項を提案した。金メダルを目標とする男子400 …続き (18:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]