/

多田、男子100で2位 織田記念陸上

陸上の織田記念国際最終日は28日、広島市のエディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝は追い風1.2メートルの条件下、多田修平(住友電工)は10秒21で2位だった。白石黄良々(セレスポ)が10秒19で優勝した。

男子100メートル決勝 10秒19で優勝した白石黄良々(手前)。左から2人目は2位の多田修平(28日、エディオンスタジアム広島)=共同

男子110メートル障害は石川周平(富士通)が13秒54で制した。同棒高跳びはジャカルタ・アジア大会金メダルの山本聖途(トヨタ自動車)が5メートル61で優勝。同走り幅跳びは城山正太郎(ゼンリン)が7メートル93、同三段跳びは山下祐樹(茨城陸協)が15メートル78、同やり投げは小椋健司(日本体育施設)が78メートル66で勝った。

女子やり投げは北口榛花(日大)が59メートル75、同砲丸投げは郡菜々佳(九州共立大)が16メートル23で制覇。同100メートルでは御家瀬緑(北海道・恵庭北高)が11秒54で日本勢トップの2位に入った。同100メートル障害は田中佑美(立命大)が13秒38で日本勢最高の2位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン