/

総合馬術団体、個人とも日本が制す アジア大会

ジャカルタ・アジア大会の総合馬術最終日は障害飛越が行われ、前回銀メダルの日本(弓良、平永、北島、大岩)が2大会ぶりに金メダルを獲得した。

個人は大岩義明(nittoh)が3大会ぶり2度目の優勝を果たした。いずれも乗馬ククレインに所属する北島隆三は4位、弓良隆行は5位、平永健太は7位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン