/

三屋バスケ協会長が五輪熱望 「観客、日本人だけも」

日本バスケットボール協会の三屋裕子会長は28日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった東京五輪について「諸外国から応援の方はお呼びできなくても、選手は呼べるのでは。観客は日本人だけになるかもしれないが、競技はできる」と開催を熱望した。

28日、オンラインで取材に応じる、日本バスケットボール協会の三屋裕子会長=共同

同会長は東西冷戦下で日本がボイコットした1980年モスクワ五輪のバレーボール女子代表だった。新型コロナの感染拡大予防策として、来日した選手へのPCR検査の実施を挙げ「アスリートに何とか五輪を経験させたい。どんな形であれ、開催してもらえるよう、アクティブに動いていきたい」と自身の経験も踏まえて語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン