2019年9月23日(月)

プロ野球

西武・辻監督、来季続投へ 新たに2年契約

2018/10/21 20:33
保存
共有
印刷
その他

西武は21日、辻発彦監督(59)が来季も続投すると発表した。クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでソフトバンクに敗退した後、後藤高志オーナーが要請し、辻監督が受諾した。今季が2年契約の2年目で、新たに2年契約を結んだ。

辻監督は「2年という期間を与えられ、期待していただいている。常勝チームになるように頑張りたい」と話した。居郷肇球団社長は「長期にわたり選手の育成、チームづくりに専念してもらいたい」と期待した。

また、鈴木葉留彦球団本部長が今年末で退任することも発表された。来年1月1日付で渡辺久信シニアディレクター(SD)兼編成部長がゼネラルマネジャー(GM)に、飯田光男球団取締役が球団本部長に就任する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

8回、代打で勝ち越しの3点打を放ち、ナインに迎えられる西武・メヒア(23日、楽天生命パーク)=共同

 パ・リーグは23日、首位西武が楽天に5―3で勝ち、優勝へのマジックナンバーを一つ減らして「2」とした。西武が24日のロッテ戦に勝ち、2位ソフトバンクが楽天に敗れれば、西武の2年連続23度目(前身の西 …続き (17:03)

1回ソフトバンク2死一塁、デスパイネが右中間に2ランを放つ(23日、京セラドーム)=共同

【ソフトバンク8―0オリックス】ソフトバンクは一回に今宮の適時打、デスパイネの2ランで先行、6―0の七回はグラシアルのソロ、デスパイネの4打点目となる適時打で加点した。 …続き (16:26)

 オリックスに勝利し、タッチを交わす森(左端)らソフトバンクナイン=共同

 ソフトバンクは終盤に1点差まで追い上げられたが、辛くも逃げ切った。八回2死三塁のピンチをしのぎ、九回もしっかり締めた抑えの森は今季35セーブ目。楽天・松井とのタイトル争いには目もくれず、「僕の記録な …続き (22日 22:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。