スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

朝乃山「寂しいが仕方ない」 中止の夏場所初日に心境

2020/5/24 21:34
保存
共有
印刷
その他

大相撲の新大関朝乃山が新型コロナウイルスの感染拡大で中止となった夏場所初日の予定だった24日、書面取材に応じ「早く土俵に立ちたい気持ちはあるが、焦らずにしっかりといい準備をしていきたい」と心境を打ち明けた。右四つが得意な正統派は看板力士として初の晴れ舞台が遠のいたが「寂しい気持ちはあるが、この世の中の状況なので仕方ない」と語った。四股などの基本動作を中心にぶつかり稽古も開始しているという。

2019年5月、初優勝した大相撲夏場所でトランプ米大統領から表彰される朝乃山(東京・両国国技館)=共同

2019年5月、初優勝した大相撲夏場所でトランプ米大統領から表彰される朝乃山(東京・両国国技館)=共同

昨年、平幕で初優勝を決めたのが夏場所14日目の5月25日。翌日の千秋楽ではトランプ米大統領からも表彰された。ここから飛躍が始まり、1年が経過し「初優勝することができたので、ここまで頑張ってこられた。(米大統領に)大関に昇進したことを伝えたい」と述べた。

日本相撲協会は感染防止対策に努め、7月場所(同19日初日・両国国技館)では無観客での開催を目指す。26歳の大器は「引き続き体調管理をしっかり行っていく。2桁勝利以上を目指して頑張る。自分らしい相撲を見てもらいたい。力士全員が頑張るので応援よろしくお願いします」とファンらにメッセージを送った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

関取との稽古を再開した正代(手前右)。手前左は豊山(25日、東京都墨田区の時津風部屋)=共同

 大相撲の関脇正代が25日、報道陣の代表質問に電話で応じ、7月場所(7月19日初日・両国国技館)に向けて関取との稽古を再開したと明らかにした。東京都墨田区の時津風部屋で幕内豊山と10番ほど取り「一日の …続き (25日 18:06)

 大相撲の関脇御嶽海が24日、報道陣の質問に電話で応じ、3場所ぶりの三役復帰となる7月場所(7月19日初日・両国国技館)に向け、新型コロナウイルスの影響で自粛となっている出稽古の早期解禁を希望した。
  …続き (24日 17:45)

 大相撲の大関貴景勝が23日、報道陣の質問に日本相撲協会を通じて回答し、相撲を取る稽古を同日に再開したと明らかにした。2度目のかど番となる7月場所(7月19日初日・両国国技館)へ向け「久しぶりなのでけ …続き (23日 18:47)

ハイライト・スポーツ

[PR]