/

クライミング森が2連覇、野口2位 リード・ジャパン杯

スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ最終日は28日、千葉県の印西市松山下公園総合体育館で8人による決勝が行われ、女子は17歳の森秋彩(茨城県連盟)が2連覇を果たし、1月のボルダリング・ジャパンカップとの2冠を達成した。東京五輪代表の野口啓代(TEAM au)は2位だった。

女子決勝の森秋彩。2連覇を果たした(28日、印西市松山下公園総合体育館)=共同

男子は前回2位で16歳の吉田智音(奈良・青翔高)が初優勝。藤井快(TEAM au)は3位だった。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン