/

クライミング、楢崎智亜が予選1位 ジャパン杯開幕

スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップは9日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕して男子予選が行われ、東京五輪代表の楢崎智亜が1位となり、前回優勝の藤井快(ともにTEAM au)、原田海(日新火災)らとともに26人による10日の準決勝に進んだ。

準決勝進出を決めた楢崎智亜(9日、岩手県営スポーツクライミング競技場)=共同

本来は3月に予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で延期され、無観客での実施となった。国内大会が開催されるのは2月以来。女子は10日に競技が始まり、11日に男女の決勝が行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン