スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

素根が女子78キロ超級制す 柔道マスターズ大会、梅木らもV

2018/12/16 21:40
保存
共有
印刷
その他

柔道のマスターズ大会最終日は16日、中国の広州で行われ、女子では78キロ超級で全日本女王の素根輝(福岡・南筑高)、78キロ級で梅木真美(ALSOK)、70キロ級で新添左季(山梨学院大)が優勝。男子81キロ級は佐々木健志(筑波大)が制した。

女子78キロ級では佐藤瑠香(コマツ)が2位、世界女王の浜田尚里(自衛隊)が3位だった。男子100キロ級で飯田健太郎(国士舘大)が3位。

マスターズ大会は五輪と世界選手権に次ぐ格付けで、世界ランキング上位選手で争われる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 【マドリード=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、東京五輪のボクシングで判定の透明性を高めるため、5人のジャッジの採点をラウンドごとに公開すると発表した。来年2~5月の五輪予選から導入す …続き (11:29)

 レスリング女子の強豪至学館大は20日、パワハラ問題などで昨年6月にレスリング部監督を解任した栄和人氏を復帰させる方針を決めた。契約の形態や期間は協議するが、12月の全日本選手権(東京・駒沢体育館)か …続き (20日 19:54)

田口良一=共同

 元世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級統一王者の32歳、田口良一(ワタナベ)が20日、東京都内で記者会見し、現役引退を表明した。「ボクシング人生をやり切ったという …続き (20日 18:32)

ハイライト・スポーツ

[PR]