/

宇野V4で世界選手権代表に 全日本フィギュア、羽生2位

男子フリー 演技する宇野昌磨(22日、国立代々木競技場)=共同

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・モントリオール)代表選考会を兼ねた全日本選手権最終日は22日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子はショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー1位で逆転して合計290.57点で4連覇し、日本スケート連盟の選考基準を満たして代表に決まった。

4年ぶりに出場したSP1位の羽生結弦(ANA)はフリー3位にとどまり、282.77点で2位。全日本ジュニア選手権王者の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)がSP7位からフリー2位と巻き返し、257.99点で3位に入った。

田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が252.44点で4位、ジュニア・グランプリ(GP)ファイナル覇者の佐藤駿(埼玉栄高)が246.50点で5位。来年からアイスダンス転向の高橋大輔(関大KFSC)はシングル最後の演技を終え、204.31点で12位だった。

アイスダンスは小松原美里(倉敷FSC)ティム・コレト(米国)組が合計163.31点で2連覇した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン