/

柔道・阿部一二三が五輪代表へ 男子66キロ級、丸山に勝利

柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦は13日、東京・講道館で行われ、2017、18年世界選手権2連覇の阿部一二三(パーク24)が19年世界一の丸山城志郎(ミキハウス)に24分間に及ぶ大熱戦を大内刈りで優勢勝ちし、初の五輪代表を決めた。妹で女子52キロ級の阿部詩(日体大)と日本柔道初のきょうだい五輪代表を実現させ、本番での活躍に期待が高まる。

男子66キロ級代表決定戦で、丸山城志郎(左)を攻める阿部一二三(13日、講道館)=共同

立ち上がりから技のポイントがないものの互いに一歩も引かない展開で、4分間の試合時間を終えて延長に突入した。丸山は初の五輪代表を逃した。23歳の阿部と27歳の丸山は一進一退の代表レースを続け、対戦成績は4勝4敗の五分となった。

五輪代表選考で日本柔道史上初となる1試合限定の「ワンマッチ」方式。新型コロナウイルス感染対策により、無観客で開催された。

これで東京五輪の柔道男女日本代表計14人が決定。男子は2連覇を目指す男子73キロ級の大野将平(旭化成)ら16年リオデジャネイロ五輪代表4人が占めた一方、女子は7人のうち6人が初出場という顔ぶれとなった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン