/

巨人・戸郷、早くも153キロ 桑田コーチから直球伝授

巨人の戸郷が早くも球速153キロを出した。14日、宮崎市で雨天中止となった紅白戦の代わりに行われたシート打撃に登板し、北村に対して初球に外角低めへ決めた直球でマーク。「この時期にしてはいい出来。直球はいい感じに走っていた」と自賛した。

シート打撃に登板した巨人・戸郷(14日、宮崎市)=共同

松原ら6人の打者と対戦し、全て凡打に仕留めた。スタンドから見守った原監督からは「戸郷、ナイスボール」とたたえられた。実戦が増える16日からの那覇キャンプに向け、変化球の精度や制球を課題に挙げ「まだまだ上に行ける」と向上心を見せた。

宮崎キャンプでは桑田投手チーフコーチ補佐と話し込み、外角への直球の軌道などを伝授された。昨季9勝を挙げ、さらなる飛躍を目指し「まだ教え通りにはいっていないので、もっと吸収できるように頑張りたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン