その他スポーツ

世界卓球、将来は団体戦のみ構想 国際連盟CEO

2020/4/13 0:31
保存
共有
印刷
その他

国際卓球連盟(ITTF)のスティーブ・デイントン最高経営責任者(CEO)は12日、個人戦と団体戦を1年おきに開いている世界選手権を、将来は団体戦のみとしたい考えを示した。ITTFの公式サイトで、新型コロナウイルスによる混乱が終息した後の構想として明かした。

2021年からはテニスにおけるウィンブルドン選手権などのメジャー大会をイメージした個人戦の新大会が創設される。さらなる議論は必要とした上で、年間3、4大会が行われることになれば、世界選手権個人戦がなくても世界王者を決められるだろうとした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 自動車のF1シリーズ第6戦、スペイン・グランプリ(GP)は15日、スペインのモントメロで予選が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が3番手につけた。同僚のアレクサンダー …続き (15日 23:52)

 バスケットボール女子Wリーグのトヨタ自動車は15日、国立代々木競技場で16日に開催される日本代表のエキシビションに出場予定だった選手、スタッフら7人が参加を辞退すると発表した。チーム関係者1人に新型 …続き (15日 20:28)

 東京六大学野球リーグは15日、神宮球場で1試合が行われ、慶大が早大に延長十回タイブレークの末、5―3で競り勝ち開幕4連勝とした。慶大が16日の法大戦に勝てば、5戦全勝で2季連続の優勝が決まる。早大は …続き (15日 18:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]