サッカー

サッカー協会、田嶋体制3期目が発足

2020/3/29 23:03
保存
共有
印刷
その他

日本サッカー協会(JFA)は29日、ウェブサイト上で評議員会、理事会を開き、田嶋幸三会長(62)の3期目となる新体制が発足した。新型コロナウイルスに感染して入院中の田嶋会長は順調に回復して会議の一部に参加し、コロナ禍を考慮して2020年度は選手らの登録料、加盟団体の納付金を減免する方針を示した。

新役員は東京都サッカー協会の林義規会長(65)が副会長に就き、技術委員長に08年北京五輪の男子日本代表やJ2松本の監督などを歴任した反町康治氏(56)が就任。任期は2年。会長が業務を執行できない場合はJリーグチェアマンの村井満副会長(60)が代行する。

約8億8千万円の黒字となった19年度(1月1日~12月31日)の決算も承認し、収入は約200億8千万円、支出は約192億円。10億円を積み立て、7億円は新型コロナウイルスの影響による減収を見越した日本代表活動に、3億円は女子の強化や普及、育成に充てる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

ウォルフスブルク戦の前半、競り合うEフランクフルトの鎌田=左(30日、ウォルフスブルク)=共同

 【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグで30日、アイントラハト・フランクフルトの鎌田大地がアウェーのウォルフスブルク戦に先発して試合終了間際までプレーし、1―1の後半40分に決勝点を挙げ、2― …続き (0:56)

 サッカーのスペイン・リーグは30日、新型コロナウイルスの影響で中止していたチームの全体練習を6月1日から再開すると明らかにした。これまでは個人や少人数での実施に限定されていた。リーグは6月11日から …続き (30日 22:44)

クラブも徐々に練習を再開している(28日のJ1鹿島の練習)(C)KASHIMA ANTLERS

 サッカーがしたくてうずうずしていた選手らは、ようやくトンネルの出口が見えてきた心地だろう。ただ、新型コロナと共存しながらの再開は従来と異質のもの。前例のない困難も待ち受ける。

関連記事
・サッカーJ1、 …続き (29日 21:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]