2019年1月16日(水)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

白鵬が35度目優勝、最多記録更新 大相撲名古屋場所

2015/7/26付
保存
共有
印刷
その他

大相撲名古屋場所で優勝を決め、賜杯を手に喜ぶ白鵬(26日、愛知県体育館)=写真 今井拓也

大相撲名古屋場所で優勝を決め、賜杯を手に喜ぶ白鵬(26日、愛知県体育館)=写真 今井拓也

大相撲名古屋場所千秋楽(26日・愛知県体育館)白鵬が鶴竜との横綱対決を寄り切りで制し、14勝1敗で2場所ぶりに賜杯を獲得した。最多優勝記録は35度に伸びた。2場所連続休場明けの鶴竜は12勝3敗。

5度目のかど番だった大関琴奨菊は照ノ富士をはたき込み、辛くも勝ち越して陥落を回避した。照ノ富士は11勝4敗で新大関場所を終えた。豪栄道は稀勢の里との大関対決を制して9勝6敗。稀勢の里は10勝止まりだった。

2横綱2大関を破った関脇栃煌山が2度目の殊勲賞を受賞し、4度目の敢闘賞の嘉風は自己最高の12勝をマークした。

小結妙義龍は勝ち越し。東前頭筆頭の栃ノ心が給金を直し、来場所の三役復帰が濃厚となった。

秋場所は9月13日に東京・両国国技館で始まる。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

現役最後の土俵入りをする稀勢の里(15日、両国国技館)

 大相撲の横綱稀勢の里(32)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が初場所4日目の16日、現役を引退することを決めた。2017年1月の初場所後に19年ぶりの日本出身の新横綱となったが、左上腕など …続き (8:46)

3連敗し、土俵際でぼうぜんとする稀勢の里

 何一ついいところなく栃煌山に俵の外に出されると、頭を垂れた稀勢の里は小さく小さくうなずいた。それは自身が置かれた現実を受け止め、一つの結論を出したようにも見えた。
 進退をかけた場所で連敗スタート。徳 …続き (15日 22:30)

初日から3連敗となり、支度部屋でうつむく稀勢の里(15日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所3日目(15日・両国国技館)進退が懸かる横綱稀勢の里は平幕栃煌山に寄り切られ、初日から3連敗で窮地に追い込まれた。昨年秋場所千秋楽から8連敗(不戦敗を除く)で、1場所15日制が定着した1 …続き (15日 19:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]