/

男子は日体大、女子は龍谷大が初V 全日本学生団体柔道

7階級で争う柔道の全日本学生体重別団体優勝大会最終日は21日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で行われ、男子は9月の世界選手権66キロ級で2連覇を果たした阿部一二三を擁する日体大が決勝で筑波大に3-1で勝ち、初優勝を飾った。

日体大は準々決勝で世界選手権100キロ超級代表の小川雄勢がいる明大、準決勝で昨年2位の国士舘大を破った。阿部は3回戦から決勝までの4試合に出場して2勝2引き分けだった。連覇を狙った東海大は3位。

女子は龍谷大が初めて進んだ決勝で、昨年3位の東海大を2-0で退けて初優勝を果たした。筑波大と山梨学院大が3位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン