/

ベラルーシなど、カヌーで五輪出場禁止 薬物問題で

【ロンドン=共同】国際カヌー連盟(ICF)は16日、組織的なドーピングがあったためベラルーシ、ルーマニアのスプリントチームに1年間の資格停止処分を科したと発表した。両チームはリオデジャネイロ五輪の参加を禁じられる。五輪開幕を目前に控え、薬物問題によるチーム単位の出場禁止は、陸上のロシアや重量挙げから拡大する事態となった。

2012年ロンドン五輪のスプリントで複数のメダルを獲得したベラルーシは男子5選手の違反が発覚した。今年初めのフランス合宿中に使用し、ドーピングで刑事罰も科される同国の警察などが動いている。ルーマニアは4月の抜き打ち検査で、今年から禁止薬物に指定されたメルドニウムに11選手が陽性反応を示した。

2チームの不参加で空く五輪出場枠は、ICFが国際オリンピック委員会(IOC)と協議した上、18日までに再配分する。ICFのペルレナ会長は「不正を排除するために、あらゆる手段を尽くしていく」との声明を発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン