/

五輪代表の新田祐大V、梶原悠未6冠 自転車トラックの全日本

自転車トラック種目の全日本選手権最終日は8日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で行われ、東京五輪男子ケイリン、スプリント代表の新田祐大(日本競輪選手会)が、1000メートルタイムトライアルで1分1秒551をマークし優勝した。

男子1000メートルタイムトライアル 1分1秒551で優勝した新田祐大(8日、ヤマダグリーンドーム前橋)=共同

女子オムニアム代表の梶原悠未(筑波大大学院)はポイントレースで5連覇、3000メートル個人追い抜きで4連覇を達成し、今大会6冠とした。男子オムニアム代表の橋本英也(日本競輪選手会)はポイントレースで優勝した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン