/

桐生、10秒14で優勝 陸上セイコーGP男子100

陸上のセイコー・ゴールデングランプリは23日、東京・国立競技場で行われ、男子100メートルは前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が向かい風0.2メートルの決勝を10秒14で制した。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が0秒02差で2位。多田修平(住友電工)は10秒37の6位、小池祐貴(住友電工)は8位だった。山県亮太(セイコー)は予選で敗退した。

男子100メートル決勝 10秒14で優勝した桐生祥秀(左から3人目)。新型コロナ感染防止のため無観客で行われた(23日、国立競技場)=共同

女子1500メートルでは田中希実(豊田自動織機TC)が4分5秒27の日本新記録を樹立した。従来の記録は小林祐梨子が2006年につくった4分7秒86。同100メートル障害は寺田明日香(パソナグループ)が13秒03、男子やり投げはディーン元気(ミズノ)が84メートル05で勝った。

来夏の東京五輪の会場となる国立競技場では今回が初の本格的な陸上競技会で、新型コロナウイルス感染防止のため無観客で行われた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン