2019年9月16日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

柔道、17歳斉藤が最年少出場へ 全日本選手権

2019/3/10 20:55
保存
共有
印刷
その他

体重無差別で争う柔道の全日本選手権(4月29日・日本武道館)予選を兼ねた東京都選手権は10日、東京都足立区の東京武道館で行われ、男子は五輪王者の故斉藤仁氏の次男で、17歳の斉藤立(東京・国士舘高)が4試合に一本勝ちして8強入りし、最年少で出場権を獲得した。「これに全てを懸けていた。失うものは何もないので自分の技を思い切ってかけにいく」と意欲を語った。

8日に17歳になった斉藤は17歳1カ月での本戦出場。これまでの最年少は2014年の香川大吾(広島・崇徳高、現在東海大)の17歳2カ月だった。

斉藤の相手は全て大学生だったが、大外刈りなどで豪快に仕留めた。準々決勝は7日に痛めたばかりの左肘などのけがのため棄権した。「しっかり体を万全にして本調子でやっていきたい。(東京五輪も)諦めたくない」と話した。

全日本女子選手権(4月21日・横浜文化体育館)の予選では52キロ級で16年リオデジャネイロ五輪銅メダルの中村美里(三井住友海上)は3試合を勝ち上がり、本戦への初出場を決めた。

男子は佐藤和哉(新日鉄住金)が優勝し、小川雄勢(明大)も出場権を得た。女子は稲森奈見(三井住友海上)が制した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

男子グレコローマン63キロ級決勝 ロシア選手(下)を攻める太田忍(15日、ヌルスルタン)=共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】東京五輪予選を兼ねたレスリングの世界選手権第2日は15日、カザフスタンのヌルスルタンで男子グレコローマンスタイルが行われ、非五輪階級では、2016年リオデジャネ …続き (0:01)

 テコンドーの千葉グランプリ最終日は15日、千葉ポートアリーナで行われ、男子80キロ級の江畑秀範(スチールエンジ)はベルギー選手に、女子49キロ級の長野聖子(大分ケーブルテレコム)はロシア選手に、それ …続き (15日 23:53)

 テコンドーの千葉グランプリ第2日は14日、千葉ポートアリーナで行われ、男子58キロ級で松井隆太(HANARO)は1回戦で米国選手に快勝したが、2回戦でロシア選手に完敗した。第2ラウンド終了時点で20 …続き (15日 0:58)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。