2019年3月20日(水)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

柔道、17歳斉藤が最年少出場へ 全日本選手権

2019/3/10 20:55
保存
共有
印刷
その他

体重無差別で争う柔道の全日本選手権(4月29日・日本武道館)予選を兼ねた東京都選手権は10日、東京都足立区の東京武道館で行われ、男子は五輪王者の故斉藤仁氏の次男で、17歳の斉藤立(東京・国士舘高)が4試合に一本勝ちして8強入りし、最年少で出場権を獲得した。「これに全てを懸けていた。失うものは何もないので自分の技を思い切ってかけにいく」と意欲を語った。

8日に17歳になった斉藤は17歳1カ月での本戦出場。これまでの最年少は2014年の香川大吾(広島・崇徳高、現在東海大)の17歳2カ月だった。

斉藤の相手は全て大学生だったが、大外刈りなどで豪快に仕留めた。準々決勝は7日に痛めたばかりの左肘などのけがのため棄権した。「しっかり体を万全にして本調子でやっていきたい。(東京五輪も)諦めたくない」と話した。

全日本女子選手権(4月21日・横浜文化体育館)の予選では52キロ級で16年リオデジャネイロ五輪銅メダルの中村美里(三井住友海上)は3試合を勝ち上がり、本戦への初出場を決めた。

男子は佐藤和哉(新日鉄住金)が優勝し、小川雄勢(明大)も出場権を得た。女子は稲森奈見(三井住友海上)が制した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

「ゴジラジャパン」の発表記者会見で記念写真に納まる柔道日本男子の井上康生監督(中央)ら。右は女子の増地克之監督(19日午後、東京都内)=共同

 全日本柔道連盟は19日、日本代表の愛称を「ゴジラジャパン」とすると発表した。日本発祥の柔道の伝統や力強さなどのイメージが、今年で誕生65年を迎えて国際的な認知度もあるゴジラと共通点があると説明。ゴジ …続き (19日 20:02)

柔道GS大会から帰国し、取材に応じる永瀬貴規(19日、成田空港)=共同

 柔道のグランドスラム(GS)エカテリンブルク(ロシア)大会に出場した日本代表が19日、成田空港に帰国し、2016年リオデジャネイロ五輪男子81キロ級銅メダルの永瀬貴規(旭化成)は2位に終わり「(決勝 …続き (19日 10:45)

9回、田口良一(左)を攻める田中恒成(16日、岐阜メモリアルセンター)=共同

 12回、一発逆転をかけて挑んでくる田口に対して最後まで一歩も引かず激しく打ち合い、打ち勝った。元ライトフライ級統一王者を相手に6~10ポイント差をつけての完勝。23歳の王者は「一つの試合としては、年 …続き (16日 22:20)

ハイライト・スポーツ

[PR]