/

柔道、17歳斉藤が最年少出場へ 全日本選手権

体重無差別で争う柔道の全日本選手権(4月29日・日本武道館)予選を兼ねた東京都選手権は10日、東京都足立区の東京武道館で行われ、男子は五輪王者の故斉藤仁氏の次男で、17歳の斉藤立(東京・国士舘高)が4試合に一本勝ちして8強入りし、最年少で出場権を獲得した。「これに全てを懸けていた。失うものは何もないので自分の技を思い切ってかけにいく」と意欲を語った。

8日に17歳になった斉藤は17歳1カ月での本戦出場。これまでの最年少は2014年の香川大吾(広島・崇徳高、現在東海大)の17歳2カ月だった。

斉藤の相手は全て大学生だったが、大外刈りなどで豪快に仕留めた。準々決勝は7日に痛めたばかりの左肘などのけがのため棄権した。「しっかり体を万全にして本調子でやっていきたい。(東京五輪も)諦めたくない」と話した。

全日本女子選手権(4月21日・横浜文化体育館)の予選では52キロ級で16年リオデジャネイロ五輪銅メダルの中村美里(三井住友海上)は3試合を勝ち上がり、本戦への初出場を決めた。

男子は佐藤和哉(新日鉄住金)が優勝し、小川雄勢(明大)も出場権を得た。女子は稲森奈見(三井住友海上)が制した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン