/

横審、初場所後の会合延期 緊急事態宣言で相撲協会

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は初場所8日目の17日、東京都に緊急事態宣言が発令されているため、千秋楽翌日の25日に予定されていた横綱審議委員会(横審)の定例会合を延期すると発表した。新たな日程は同宣言の推移を見て決める。21日の「大相撲の継承発展を考える有識者会議」も延期。

昨年11月場所後の横審では休場が続く白鵬、鶴竜の両横綱に対して「注意」を決議した。鶴竜は初場所を腰椎すべり症で休場し、3月の春場所に進退を懸けることを表明している。白鵬は新型コロナウイルス感染で初場所を休んだ。

27日の春場所番付編成会議や28日の理事会は予定通り実施し、年寄総会や師匠会は中止した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン