/

渡辺2連覇、山名が初V 全日本ショートトラック

スピードスケート・ショートトラックの全日本選手権最終日は17日、長野県帝産アイススケートトレーニングセンターで男女各2種目が行われ、前日の2種目を合わせて男子は2018年平昌冬季五輪代表の渡辺啓太(阪南大職)が2大会連続3度目、女子は21歳の山名里奈(山梨学院大)が初の総合優勝を果たした。渡辺と山名は世界選手権(3月・オランダ)代表に選ばれた。

男子1000メートルで優勝した渡辺啓太(17日、帝産アイススケートトレーニングセンター)=アフロスポーツ/JSF提供・共同

渡辺は1000メートルで1位、3000メートルで2位だった。3000メートルを制した斎藤慧(栃木県スポーツ協会)が総合2位。

山名も1000メートルで1位、3000メートルで2位。3000メートルを勝った菊池萌水(KHネオケム)が総合2位に入った。

既に世界選手権代表に決まっていた前回総合女王の菊池純礼(富士急)らは調整を優先して出場しなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン