/

カーリング、吉田夕・松村組が初優勝 混合ダブルス選手権

カーリングの日本混合ダブルス選手権最終日は28日、青森市のみちぎんドリームスタジアムで行われ、決勝で吉田夕(ロコ・ソラーレ)松村(コンサドーレ)組が前回優勝の松村(中部電力)谷田(コンサドーレ)組を10-2で破り、初優勝した。両ペアは来年の北京冬季五輪代表の座を争う代表決定戦に臨む。

初優勝し、笑顔でカップを手にする吉田夕(左)、松村組(28日、みちぎんドリームスタジアム)=(c)JCA IDE・共同

吉田夕、松村組は後攻の第2エンドに4点をスチールするなど、最初の3エンドで8点を奪い、相手の反撃を許さず押し切った。

3位決定戦は小穴(富士急)青木(札幌国際大)組が延長の末、チーム柳沢に6-5で勝った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン