2018年7月16日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

「3階級制覇して満足」 井岡の引退会見、一問一答

2017/12/31 23:57
保存
共有
印刷
その他

 井岡はスーツ姿で表情を変えず、引退を決意した理由などを語った。

記者会見で現役引退を表明する井岡一翔(31日夜、横浜市内のホテル)=共同

 ―28歳と早い引退。

 「自分のボクシングを始めたきっかけでもある3階級制覇を達成できたので満足している。(ジムに)自分の気持ちを伝えて、報告した」

 ―結婚が影響したか。

 「今までずっと一緒にいて闘ってきたので影響はしていない。妻の存在自体が僕の支えだった」

 ―妻からの言葉は。

 「今までずっと相談していたが、悔いのないようにと言ってくれた」

 ―今後のビジョンは。

 「今は言えないが、応援していただいたみなさんの期待を裏切ることなく、さらに期待を持ってもらえることだと思っている」

 ―印象深い試合は。

 「一番を決めるのは難しい。統一戦か3階級制覇を達成した試合」

 ―ボクシング人生はどうだったか。

 「人生においてのウオーミングアップ。常にチャレンジと思っている」

 ―ファンへのメッセージは。

 「みなさんの応援があったからこそ、今の僕があると思っている。最大の感謝を送りたい」

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

格闘技 一覧

7回、ビック・サルダール(右)のパンチを受け、ダウンを奪われる山中竜也(13日、神戸市立中央体育館)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ12回戦は13日、神戸市立中央体育館で行われ、チャンピオンの山中竜也(真正)は同級3位のビック・サルダール(フィリピン)に0―3で判定負けし、2度 …続き (13日 21:46)

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ(13日・神戸市立中央体育館)の前日計量が12日、神戸市内で行われ、チャンピオンの山中竜也(真正)は47.5キロ、挑戦者で同級3位のビック・サルダ …続き (12日 18:06)

調印式を終え、ポーズをとるWBOミニマム級王者の山中竜也(左)とビック・サルダール(11日、神戸市)=共同

 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級タイトルマッチ(13日・神戸市立中央体育館)の調印式と記者会見が11日、神戸市内で行われ、チャンピオンの山中竜也(真正)は2度目の防衛へ「全ての面でレベルアップ …続き (11日 16:38)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]