/

イチローさん、草野球で投打に活躍 16奪三振で完封勝利

米大リーグ、マリナーズなどで活躍し、3月に現役引退したイチローさん(46)が1日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で高校野球の強豪、智弁和歌山高の教職員チーム相手に軟式球による草野球でプレーした。

草野球で背番号1をつけ力投するイチローさん(1日、神戸市のほっともっとフィールド神戸)=共同

昨秋に同校の試合を観戦し、応援に感銘を受けたことで交流が始まり、自ら申し入れて実現した。プロ野球オリックス時代に本拠地として慣れ親しんだ球場で、地元の友人らと結成した「KOBE CHIBEN」の一員として「9番・投手」で背番号1をつけた。

6安打で完封し、16三振を奪った。打撃でも一塁強襲三塁打を放つなど4打数3安打、1四球と活躍した。試合は14-0で大勝。131球の力投に「まだいける。肩、肘は全く問題ない。むちゃくちゃ楽しかったですね」と気持ちよさそうに汗を拭った。

一般非公開でテレビカメラ35台、報道陣は約80人が集まった。スタンドでは同校の吹奏楽部、応援団のOBが盛り上げ、同校関係者ら約3千人が声援を送った。相手チームの監督を務めた藤田清司氏はイチローさんの快速球に「あの球は草野球の人間には打てない。うちのチーム全員が世界のイチローさんと出会ったことが思い出。本当に楽しかった」と声を弾ませた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン