/

池江と大橋が日本新V 競泳日本選手権、400個メは萩野

女子400メートル個人メドレー決勝 4分30秒82の日本新記録で2連覇した大橋悠依のバタフライ(8日、東京辰巳国際水泳場)=共同

ジャカルタ・アジア大会(8~9月)、パンパシフィック選手権(8月・東京)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権最終日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子100メートル自由形は17歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が自身の日本記録を0秒43更新する53秒03で優勝し、代表に決まった。池江は50メートルバタフライでも自らの日本記録を0秒01塗り替える25秒43をマークし、今大会は出場4種目全てを日本新で制した。

女子100メートル自由形で2連覇を果たし歓声に応える池江璃花子。53秒03の日本新記録をマークした(8日、東京辰巳国際水泳場)=共同

女子は400メートル個人メドレーを大橋悠依(イトマン東進)が自らの日本記録を0秒60縮める4分30秒82で制し、2位の清水咲子(ミキハウス)とともに代表入り。200メートル平泳ぎは青木玲緒樹(ミキハウス)が2分21秒85で勝ち、2位の渡部香生子(早大)も代表となった。200メートル背泳ぎは酒井夏海(スウィン南越谷)が2分8秒28の高校新で代表権を獲得した。

男子400メートル個人メドレーは4分10秒69で優勝した萩野公介(ブリヂストン)と2位の瀬戸大也(ANA)が代表に決定。100メートル自由形を48秒22で制した中村克(イトマン東進)も代表となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン