2019年2月20日(水)

サッカー

日本サッカー協会会長に田嶋氏 初の選挙、原氏に6票差

2016/1/31 17:59
保存
共有
印刷
その他

日本サッカー協会会長に就任することが決まり、記者会見する田嶋幸三氏(31日、東京都文京区)=共同

日本サッカー協会会長に就任することが決まり、記者会見する田嶋幸三氏(31日、東京都文京区)=共同

日本サッカー協会は31日、東京都内で開いた臨時評議員会で初の会長選挙を実施し、田嶋幸三副会長(58)が第14代会長に就任することが決まった。有効投票数74票のうち40票を得て、原博実専務理事(57)の34票をわずかに上回った。大仁邦弥会長(71)の後任として3月下旬の役員改選で正式に新会長に選任される。任期は2年。

国際サッカー連盟(FIFA)理事も務める田嶋氏は、事前の理事投票では原氏に19対9の大差をつけて理事会候補者として推されたが、評議員の投票は接戦だった。「身の引き締まる思いだ。僅差だったこともわきまえて、原専務と一緒にやっていく」と話した。近年の国際舞台で苦戦が続く育成年代の強化や2019年のJリーグのシーズン移行を訴えている。

原氏は「負けたが、多くの人が支持してくれた。田嶋新会長にはリーダーシップを発揮してほしい」と話した。

国内スポーツ界で初の試みとなる公開選挙は、各都道府県協会やJ1クラブ、関連団体の代表者で構成される評議員75人が投票し、1票が白票だった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 Jリーグは19日、東京都内で理事会を開き、日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森とテゲバジャーロ宮崎を、リーグの準加盟に相当する百年構想クラブとして承認した。百年構想クラブはJFLに5ク …続き (0:11)

前半、先制ゴールを決める伊藤=共同

 じわじわと実力差はあらわになり、終わってみれば「初戦のつまずき」や「プレーオフの難しさ」は、昨季のアジア王者にとって取り越し苦労にすぎないものになった。
 右の安西、左の山本の両SBはウイングと見まが …続き (19日 23:16)

鹿島―ニューカッスル 前半、2点目のゴールを決め駆けだす鹿島・山本=左(19日、カシマ)=共同

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場を懸けたプレーオフが19日、茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムなどで行われ、J1で3位だった昨季王者の鹿島と同2位だった広島が本大会出場を決めた。日本 …続き (19日 22:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]