/

男子110障害は高山V 陸上の北九州カーニバル

陸上の北九州カーニバル最終日は27日、北九州市本城陸上競技場で行われ、女子やり投げは21歳の北口榛花(日大)が66メートル00の日本新記録をマークして優勝した。従来の記録は5月に自身が出した64メートル36で、大幅更新となった。

女子やり投げで66メートル00の日本新をマークした北口榛花(27日、北九州市本城陸上競技場)=共同

男子110メートル障害は日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)が追い風参考の13秒52で制し、10秒34で勝った100メートルと合わせて2冠に輝いた。男子やり投げは新井涼平(スズキ浜松AC)が79メートル99の大会新記録で優勝し、女子砲丸投げは郡菜々佳(九州共立大)が15メートル68で勝った。

男子110メートル障害を13秒52で制した高山峻野(27日、北九州市本城陸上競技場)=共同

同時開催の日本選手権リレー最終日は、1600メートルリレーで男子は早大(小久保、小竹、山内、伊東)が3分8秒64、女子は立命大(南、吉田、林、塩見)が3分39秒82で優勝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン