/

スマートレイアーが優勝 競馬の東京新聞杯

第66回東京新聞杯(7日・東京11R1600メートル芝14頭、G3)5番人気のスマートレイアー(吉田隼人騎乗)が1分34秒1で優勝し、重賞2勝目を挙げた。

好スタートから逃げたスマートレイアーが最後の直線で後続を突き放し快勝。2馬身差の2着は6番人気のエキストラエンド、3着は11番人気のマイネルアウラートだった。1番人気のダッシングブレイズは最後の直線でコース内側の柵に接触、浜中俊騎手が落馬し競走を中止した。同騎手は左手首骨折などのけがをした。

払戻金は単勝が960円、枠連は(3)―(4)で2310円、馬連は(3)―(6)で4690円、馬単は(6)―(3)で9880円、3連複は(3)―(6)―(10)で7万6830円、3連単は(6)―(3)―(10)で35万3160円、ワイドは(3)―(6)が1470円、(6)―(10)が5890円、(3)―(10)が5790円。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン