/

日本、中国下し4連覇 レスリング女子W杯

4連覇を果たし、笑顔でポーズをとる日本選手ら(18日、高崎アリーナ)=共同

レスリング女子の国別対抗戦、ワールドカップ(W杯)最終日は18日、群馬県高崎市の高崎アリーナで行われ、日本は決勝で中国を6-4で下し4連覇を果たした。

各チーム10階級で対戦する団体戦。最軽量級の50キロ級入江ゆき(自衛隊)や昨年の世界選手権55キロ級覇者で53キロ級の奥野春菜(至学館大)がフォール勝ちして流れをつかみ、65キロ級源平彩南(至学館大)が勝って6勝目を挙げて優勝を決めた。

五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)に対するパワーハラスメント問題発覚後、初めて国内で行われたトップレベルの大会。日本協会の栄和人強化本部長が体調を崩して不在となったが、地元開催で日本の強さを示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン