/

男子100、小池が10秒04で優勝 陸上の出雲大会

陸上の出雲大会は11日、島根県立浜山公園陸上競技場で行われ、特別レースの男子100メートル決勝は小池祐貴(住友電工)が、4.0メートルの追い風参考で10秒04をマークし優勝した。多田修平(住友電工)が10秒08で2位。予選を10秒35で走ったケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は、左太もも裏の違和感で決勝を棄権した。

男子100メートル決勝 10秒04(追い風参考)で優勝した小池祐貴(手前)。左端は2位の多田修平(11日、島根県立浜山公園陸上競技場)=共同

女子の100メートル決勝は石川優(青学大)が追い風参考の11秒46、400メートルは松本奈菜子(東邦銀行)が53秒80で制した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン