2019年5月24日(金)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

阿部・大野らが代表入り 柔道の世界選手権

2019/4/7 22:03
保存
共有
印刷
その他

全日本柔道連盟は7日、世界選手権東京大会(8月25日~9月1日・日本武道館)個人戦の男女日本代表として、男子66キロ級で世界選手権2連覇の阿部一二三(日体大)や男子73キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪覇者の大野将平(旭化成)ら14人を発表した。

記者会見で世界選手権の代表選手を発表する(左から)男子の井上康生監督、全柔連の金野潤強化委員長、女子の増地克之監督(7日、福岡国際センター)=共同

記者会見で世界選手権の代表選手を発表する(左から)男子の井上康生監督、全柔連の金野潤強化委員長、女子の増地克之監督(7日、福岡国際センター)=共同

昨年世界一で女子52キロ級の阿部詩(日体大)、女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)は既に代表を決めていた。男子60キロ級で2年連続世界王者の高藤直寿(パーク24)、女子57キロ級で昨年世界女王の芳田司(コマツ)も代表入り。

女子78キロ超級は21日の全日本女子選手権、男子100キロ超級は29日の全日本選手権後に決定。男女とも各階級2人を上限に計9人ずつを派遣でき、女子の残り2枠は21日に発表される。

混合団体メンバーには男子で90キロ級の村尾三四郎(東海大)と73キロ級の橋本壮市(パーク24)が選ばれた。

代表は次の通り。

【男子】60キロ級 高藤、永山竜樹(了徳寺学園職)▽66キロ級 阿部、丸山城志郎(ミキハウス)▽73キロ級 大野▽81キロ級 藤原崇太郎(日体大)▽90キロ級 向翔一郎(ALSOK)▽100キロ級 ウルフ・アロン(了徳寺学園職)

【女子】48キロ級 渡名喜風南(パーク24)▽52キロ級 阿部▽57キロ級 芳田▽63キロ級 田代未来(コマツ)▽70キロ級 新井▽78キロ級 浜田尚里(自衛隊)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 柔道のグランプリ大会第1日は24日、中国のフフホトで行われ、女子52キロ級で昨年の世界選手権を制した阿部詩(日体大)が初戦の2回戦から4試合を全て一本勝ちして優勝した。
 18歳の阿部は左肩痛などのた …続き (19:40)

 2020年東京五輪でボクシングの存続方針が決まったことに関し、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は23日の記者会見で、チケット販売の開始は6月の国際オリンピック委員会(IOC)総会での正式決定以降にな …続き (23日 22:17)

記者会見するIOCのバッハ会長(22日、ローザンヌ)=共同

 【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は22日、スイスのローザンヌで開いた理事会後に記者会見し、2020年東京五輪の実施競技から除外の可能性もあったボクシングを存 …続き (23日 7:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]