スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

フューリーが王座奪取 WBCヘビー級世界戦

2020/2/23 18:56
保存
共有
印刷
その他

世界ボクシング評議会(WBC)ヘビー級タイトルマッチは22日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、元世界主要3団体王者で挑戦者のタイソン・フューリー(英国)が王者のデオンテイ・ワイルダー(米国)を7回TKOで破って王座を奪取した。

世界ヘビー級タイトルマッチでワイルダー(左)を攻めるフューリー(22日、ラスベガス)=ロイター

世界ヘビー級タイトルマッチでワイルダー(左)を攻めるフューリー(22日、ラスベガス)=ロイター

同じくタイトルを争った2018年12月は三者三様の判定で引き分け。31歳のフューリーは注目の再戦で完勝し、戦績を31戦30勝(21KO)1分けとした。11度目の防衛に失敗した34歳のワイルダーは、44戦目で初黒星となった。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 ボクシングのワタナベジムは8日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者、京口紘人の3度目の防衛戦が中止になったと発表した。当初は5月9日に堺市でアン …続き (8日 21:11)

 全日本柔道連盟(全柔連)は8日、東京都文京区の講道館で勤務する事務局の男性職員1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。PCR検査で陽性が確認され、全柔連職員の感染者は4人目となった。
 全 …続き (8日 18:33)

 全日本柔道連盟(全柔連)は7日、東京都文京区の講道館で勤務する事務局の男女の職員1人ずつが新型コロナウイルスに感染したと発表した。発熱によりPCR検査を受け、7日に陽性が判明した。全柔連職員の感染者 …続き (8日 0:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]