/

陸上の女子七種競技、ヘンプヒル恵がV 東京選手権

陸上の東京選手権最終日は26日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、女子七種競技はヘンプヒル恵(アトレ)が5646点の大会新記録で優勝した。男子やり投げ決勝は新井涼平(スズキ)が73メートル99で制した。

女子七種競技 800メートルで力走するヘンプヒル恵(手前)。大会新で優勝した(26日、駒沢陸上競技場)=共同

200メートル決勝は男子の安田圭吾(大東大)が20秒97、女子は鶴田玲美(南九州ファミリーマート)が24秒05で優勝。鶴田は100メートルとの2冠を果たした。男子三段跳びは池畠旭佳瑠(駿大AC)が16メートル75で1位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン