/

初優勝の貴景勝「来場所につなげたい」 冬巡業始まる

冬巡業に臨んだ、九州場所で初優勝した小結貴景勝(2日、長崎市)=共同

大相撲の冬巡業が2日、長崎市の長崎県立総合体育館で始まり、九州場所で初優勝を果たした22歳の小結貴景勝に大きな声援と拍手が送られた。元貴乃花親方(元横綱)の日本相撲協会退職に伴い共に千賀ノ浦部屋へ移籍した十両貴源治や、平幕碧山と稽古し「疲れもなく体は動いた。来場所につながる巡業にしたい」と意気込んだ。

場所後はテレビ出演などで多忙を極めたといい「体重も少し減ったけど、ありがたい忙しさだった」と笑顔。多数の祝福メールが寄せられたことを明かし「自分の知らないところでこんなに応援してくれているんだなと思った。来場所も力を出し切りたい」と話した。

10月に右膝と右足首の手術を受けて九州場所を全休した横綱白鵬は朝稽古で四股や入念なストレッチで汗を流し、午後は横綱土俵入りを披露。相撲を取ることはなかったが「力強い四股が踏めるようになった。自分でも気付かないうちに(症状が)良くなっている」と安堵の表情だった。

巡業は22日まで17日間実施され、九州場所を右膝痛で途中休場した横綱稀勢の里、右足首痛で全休の横綱鶴竜は当面不参加の見通し。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン