/

高島が女子陸上400連覇 高校総体、男子は木下が優勝

全国高校総合体育大会(インターハイ)第9日は4日、沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムなどで8競技が行われ、陸上400メートルの女子は高島咲季(神奈川・相洋)が53秒44で2連覇した。男子は木下祐一(京都・洛南)が46秒62で制した。

女子400メートルで連覇を果たし、笑顔の相洋・高島咲季(4日、タピック県総ひやごんスタジアム)=共同

テニス団体で男子は相生学院(兵庫)が湘南工大付(神奈川)を2-0で下し、2年ぶり4度目の頂点に。女子は早実(東京)が野田学園(山口)を2-1で破り、初優勝を果たした。

バドミントンは男女シングルスの準々決勝が行われ、男子は昨年の世界ジュニア選手権2位の奈良岡功大(青森・浪岡)らが4強入りした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン