2019年4月21日(日)

プロ野球

阪神・岩貞が今季初登板勝利 ヤクルトは投打に精彩欠く

2018/4/15 17:56
保存
共有
印刷
その他

お立ち台でポーズをとる阪神・岩貞(左)と糸井(15日、甲子園)=共同

お立ち台でポーズをとる阪神・岩貞(左)と糸井(15日、甲子園)=共同

阪神が13安打8得点の快勝で連敗を3で止めた。一回に福留が先制打を放った攻撃陣は糸井が四回の2点本塁打などで4打点、鳥谷は3安打をマーク。岩貞は要所で粘り、6回1失点で今季初登板勝利。ヤクルトは投打で精彩を欠いた。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

四回2死満塁で中前に2点打を放つ広島・田中広=共同

 三回1死三塁で広島の田中広が放った左飛はやや浅め。中継プレーを経た本塁でのクロスプレーは、セーフの判定を巡ってDeNAのラミレス監督がリクエストする際どいものだった。タッチをかいくぐる野間の好スライ …続き (20日 23:15)

5回ロッテ2死二塁、中村奨が中前に適時打を放つ(20日、ZOZOマリン)=共同

【ヤクルト5―3中日】ヤクルトは3―3の九回2死満塁から、雄平の2点左前打で勝ち越した。八回のピンチをしのいだ五十嵐が3勝目で、九回を締めた石山が4セーブ目。八回に同点とした中日は鈴木博が崩れ、連勝が …続き (20日 18:47更新)

最速159キロ。嫌な流れも強力打線も、千賀はねじ伏せた=共同

 三回の先制点の後、入りそうで入らない追加点と度重なる味方の失策。嫌な流れも西武の強力打線も、ソフトバンクの千賀はねじ伏せた。
【19日のプロ野球 結果と戦評】
 最速159キロの剛球が初回からうなりを上 …続き (19日 23:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]