/

五輪代表の文田、2年ぶりV 全日本レスリング

レスリングの全日本選手権最終日は20日、東京・駒沢体育館で計6階級が行われ、男子のグレコローマンスタイル60キロ級は2017、19年世界選手権覇者で東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)が2試合を勝ち、旧階級を含めて2年ぶり3度目の日本一に輝いた。

フリースタイル57キロ級は17年世界王者の高橋侑希(ALSOK)が2年ぶり4度目の優勝。東京五輪アジア予選(来年3月・西安=中国)代表の樋口黎(日体大助手)は初戦の準決勝で敗れた。

非五輪階級のフリー92キロ級はアジア予選86キロ級代表の高谷惣亮(ALSOK)が制し、4階級にわたっての10年連続優勝。グレコ72キロ級は高橋昭五(警視庁)が67キロ級と合わせて3年連続で頂点に立った。

女子の53キロ級は17歳の藤波朱理(三重・いなべ総合学園高)が初制覇。17、18年世界女王の奥野春菜(至学館大)は初戦で藤波に屈した。非五輪階級の65キロ級は森川美和(日体大)が昨年の68キロ級に続いて制した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン