/

西村優菜、6打差逆転で初優勝 三菱電機女子ゴルフ

樋口久子・三菱電機レディース最終日(1日・埼玉県武蔵丘コース=6585ヤード、パー72)3位で出た20歳の西村優菜が8バーディー、1ボギーの65と伸ばし、通算11アンダーの205で優勝した。6打差からの大逆転でツアー初勝利。前日まで首位の勝みなみは1打差の2位だった。

最終日、2番でティーショットを放つ西村優菜。通算11アンダーで初優勝を果たした(1日、武蔵丘コース)=共同

通算7アンダーの3位にペ・ソンウ(韓国)が入った。さらに2打差で山路晶、仲宗根澄香、金沢志奈の3人。2戦連続優勝を狙った申ジエ(韓国)は4アンダーの7位で、昨年優勝の鈴木愛は1アンダーの16位。(出場51選手=アマ2、晴れ、気温17.3度、南南東の風1.4メートル、無観客)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン