/

クライミング、野口・楢崎明とも複合V アジア選手権

クライミング複合で優勝し、表彰台で笑顔の野口啓代(左)と楢崎明智(11日、倉吉体育文化会館)=共同

スポーツクライミングのアジア選手権最終日は11日、鳥取県倉吉市の倉吉体育文化会館で、2020年東京五輪で実施されるスピード、ボルダリング、リードの3種目で争う複合が行われ、女子はジャカルタ・アジア大会複合金メダリストの野口啓代が優勝し、2位は野中生萌、3位には伊藤ふたば(いずれもTEAM au)が入った。

野中はスピードで8秒574を出し、10日に自身がマークした日本記録を更新した。

男子は楢崎明智(TEAM au)が制してボルダリングとの2冠を達成。2位は杉本怜(北海道連盟)で、藤井快(TEAM au)は4位、高田知尭(鳥取県協会)は6位だった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン