その他スポーツ

内村が銀メダル、最多16個目 世界体操、加藤は平行棒で銅

2014/10/12付
保存
共有
印刷
その他

鉄棒で銀メダルを獲得した内村航平。右は金のエプケ・ゾンダーランド(12日、南寧)=共同

鉄棒で銀メダルを獲得した内村航平。右は金のエプケ・ゾンダーランド(12日、南寧)=共同

【南寧(中国)=共同】体操の世界選手権最終日は12日、中国の南寧で種目別決勝が行われ、男子鉄棒は内村航平(コナミ)が15.725点で銀メダルを獲得した。世界選手権で通算16個目(金7、銀5、銅4)のメダルとなり、日本選手で監物永三の15個(金7、銀5、銅3)を上回り単独最多。エプケ・ゾンダーランド(オランダ)が16.225点で2連覇。

平行棒は加藤凌平(順大)が15.666点で銅メダル、田中佑典(コナミ)が15.041点で5位。オレグ・ベルニアエフ(ウクライナ)が16.125点で初優勝した。跳馬は白井健三(神奈川・岸根高)が15.062点で2大会連続4位となり、リ・セグァン(北朝鮮)が15.416点で初制覇。日本男子は今大会で金1、銀3、銅2のメダルを獲得した。

女子平均台は寺本明日香(中京大)が14.100点で4位に入った。シモーン・バイルス(米国)が15.100点で初優勝し、2連覇の床運動、団体総合、個人総合と合わせて4冠を達成した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は23日のBSフジ番組で、暑さ対策で五輪のマラソンと競歩を札幌市に変更する案に関連し、他競技にも開催地変更の検討が及ぶ可能性を否定した。「これ …続き (23日 23:15)

 バスケットボール男子のBリーグ1部は23日、川崎市とどろきアリーナなどで9試合が行われ、中地区首位の川崎が三遠を94―87で退け、7勝目(1敗)を挙げた。
 東地区は1位のSR渋谷が宇都宮に81―91 …続き (23日 22:22)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、大会ボランティア約8万人を対象としたインターネットによる「eラーニング」研修を24日から始めると発表した。パソコンやスマートフォンを使って教材の …続き (23日 19:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]