/

高砂部屋、来場所は関取ゼロか 138年の伝統途絶える見込み

大相撲九州場所千秋楽の27日、西十両9枚目の朝赤龍が11敗目を喫して来場所は幕下転落の可能性が高くなった。明治時代初期の1878年から138年にわたって関取を抱えてきた名門高砂部屋の伝統が途絶える見込みとなった。

高砂部屋は前田山や朝青龍ら6人の横綱を生むなど、幾多の名力士を輩出してきた。師匠の高砂親方(元大関朝潮)は「非常に残念だが、真摯に受け止めてまた新しい歴史をつくる」と気丈に話した。

35歳の元関脇朝赤龍は「いろいろな先輩たちや関取衆に申し訳ない。自分が途切れさせたくないという気持ちがこの3、4年は強かった」とショックを隠せない様子だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン