/

女子は再春館、男子はトナミがV バドS/Jリーグのプレーオフ

バドミントンのS/Jリーグのプレーオフは17日、さいたま市のサイデン化学アリーナで決勝が行われ、女子は再春館製薬所が2連覇を狙った日本ユニシスに2-1で勝ち、2季ぶり2度目の優勝を果たした。男子はトナミ運輸がNTT東日本を2-1で退け、3季連続9度目の頂点に立った。

女子決勝で日本ユニシスに勝利した再春館製薬所の山口茜(17日、サイデン化学アリーナ)=共同

再春館製薬所は1-1で迎えた第2ダブルスで志田千陽、松山奈未組が勝利。トナミ運輸は園田啓悟、嘉村健士組らダブルス2組が白星を挙げ、NTT東日本はシングルスの桃田賢斗による1勝にとどまった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン