/

阪神・伊藤隼が退院 新型コロナ感染、陰性確認

プロ野球阪神は5日、新型コロナウイルスに感染した3選手のうち、大阪府内の病院に入院していた伊藤隼太外野手(30)が退院したと発表した。回復を確認するためのPCR検査で2度続けて陰性となり、当面は病院の指示で自宅待機する。

伊藤隼外野手は球団を通じ「ファンの皆さま、野球界に携わる多くの方々にご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。今後これまで以上に真摯に野球に取り組んでまいります」などと陳謝した。球団では藤浪晋太郎投手(25)、長坂拳弥捕手(25)も感染して入院中だが、症状は改善しているという。チームは活動を休止している。

球団によると、3選手は3月14日に球団外の人物らとの食事会に参加。藤浪投手が3月下旬に嗅覚の異常を申し出て、26日のPCR検査で感染が判明した。伊藤隼外野手も嗅覚、長坂捕手は味覚の異常を訴え、検査で陽性反応が出ていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン